協創のまちづくり補助金について

2021年4月30日

協創のまちづくり補助金とは

 協創のまちづくり補助金とは、住民自らが地域社会に関心を持ち「理想・魅力・交流・育成・連携・互助」をキーワードに、直面する地域課題を解決するために活動する地域コミュニティ団体が行う事業に対し、補助金を交付し、支援するものです。詳しくは、補助金交付要綱をご覧ください。

協創のまちづくり補助金交付要綱

対象団体

  1. 自治組織
    行政区単位で構成された自治会、町内会、自治振興会、部落会。
  2. コミュニティ組織
    町内に居住もしくは勤務する人を会員に含み、町の地域づくりのために自主的ならびに主体的な活動を行う法人格を輸さない5人以上のグループで、継続的に活動している(または、今後継続的な活動が見込まれる)組織。

対象事業

  1. 結いの再生事業
    地域住民が「総参加」を原則に、地域の構成員相互の親睦、互助を目的に実施する事業など。
  2. 協創のまちづくり事業。
    地域住民が「自ら」を原則に、地域の構成員らが自ら労力を提供し実施する事業。
  3. つながるまちづくり推進事業
    地域住民が「考える」を原則に、持続可能な地域を形成するために地域力向上や地域外との交流促進を図り、地域の魅力を高めるために実施する事業。もしくは、持続可能な地域を次代につなぐために地域を担う人材を育成し、ひとの魅力を高めるために実施する事業。
  4. 特認・基盤整備事業
    公共施設などの修繕・改築や新規設備・備品の購入などの事業。

お問い合わせ

 総務課協創推進係 TEL 66-2111(内線223)