木質バイオマス化発電設備

2021年9月1日

 木質バイオマス化発電設備は、森林整備の過程で発生する間伐材を原料に、エネルギー(電気・熱)を回収、有効利用できるシステムです。十分に利用されていない森林資源を活用することで、森林整備や環境の保全を図ることができます。

実施事業の概要

事業名 バイオマス等未活用エネルギー実証試験事業
「森林の間伐施行に伴う木質バイオマスガス化熱電併給システム」
事業主体 月島機械株式会社、(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構、葛巻町
管理主体 月島機械株式会社

施設概要

建設場所 岩手県岩手郡葛巻町葛巻40-57-125(くずまき高原牧場内)
原 料 ウッドチップ(カラマツなどの間伐材)
施設規模 ウッドチップ3トン/日(15時間運転)
発電出力 120kW
熱回収量 266kW
エネルギー効率 電気24%+熱回収率51%=総合効率75%
ガス化炉型式 ダウンドラフト方式

主な利点

間伐材の有効利用 森林整備の過程で発生する間伐材を有効利用できる
地球温暖化防止 化石燃料を使用しないため温室効果ガスの発生が少ない
高いエネルギー効率 電気と熱を利用できるためエネルギー効率が高い

baiogas2.JPG  baiogas3.JPG

関連ワード