続けて児童手当を受ける場合の手続き(現況届)

2021年6月1日

現況届の提出について

 令和3年6月分以降の手当を受けるためには、現況届の提出が必要です。
 現在、受給している方には「児童手当・特例給付現況届」を送付しますので、期限までに提出してください。
 現況届の提出がない場合、引き続き受給できるかどうかの審査ができないため、6月分以降の手当が受けられなくなりますので、ご注意ください。

【提出期限】令和3年6月30日(水) 郵送可

 現況届には、下記の書類を添付してください。

(1) すべての方 受給者の健康保険被保険者証の写し
※国民年金に加入している方や生活保護を受けている方は不要です。
(2) 児童と別居している方 児童手当監護生計同一申立書
(3) 児童の父母以外の方 児童手当監護生計同一申立書
(4) 児童の住所が町外の方 別居している児童の住民票(児童の世帯全員分)
(5) 離婚前提別居の方 児童手当の受給資格に係る申立書
(6) 未成年後見人の方 児童手当監護生計同一申立書、児童の戸籍謄本

所得制限限度額

 所得は、児童の父母(養育者)それぞれの所得で判定します。

  • 請求者と配偶者、それぞれの所得ごとに審査します。
  • 判定する所得は、前年中の所得(5月分までの手当は、前々年中)です。
  • 分離課税される土地・建物等の譲渡所得は、特別控除前の金額で算定します。
扶養親族等の数所得制限限度額
0人 622万円
1人 660万円
2人 698万円
3人 736万円
4人 774万円
5人 812万円

お問い合わせ

 住民会計課 TEL 66-2111(内線123)