新エネルギーの町宣言

2015年11月16日

「天と地と人のめぐみ」を生かして

  エネルギー問題や地球環境問題は、国際間だけではなく、各自治体・地域が自らの問題として取り組むべき重要な課題となっております。
葛巻町では、産業の振興や環境問題の観点から環境負荷の小さい新エネルギーの積極的な導入を進めることとし、平成11年3月に「葛巻町新エネルギービジョン」を策定いたしました。
基本理念としては、風力や太陽光などの「天のめぐみ」、畜産ふん尿や水力などの「地のめぐみ」、豊かな風土・文化を守り育てた「人のめぐみ」を柱に据えており、町民の理解を得ながら新エネルギーの導入に積極的に取り組むこととしております。

葛巻町新エネルギー宣言

  エネルギー問題や地球温暖化、酸性雨などの地球環境問題は、地域を越え、国境を越えた問題であり、わたしたちの将来にも大きな影響を与えようとしております。
かけがえのない地球のために、一人ひとりの足下からの取り組みが今求められています。
わたしたちは、先人からの贈り物である豊かな自然を守り育てるとともに、この恵まれた自然の中で、「天のめぐみ」である風力や太陽光、「地のめぐみ」である畜産ふん尿や水力、そして豊かな風土・文化を守り育てた「人のめぐみ」を大切にしながら、町民一体となってクリーンでリサイクル可能な新エネルギーの導入に積極的に取り組んでいくことを誓い、ここに「新エネルギー町・葛巻」を宣言します。

平成11年6月17日 葛巻町

今、そして未来のために環境にやさしい町づくり
広報くずまき平成17年11月号(PDF488KB)