新刊図書の紹介

2015年11月13日

いいからいいから③ 長谷川義史/作



おこってはいけない。
だれかがおこるとだれかがまたおこる。
それがだれかにでんせんして
なーんにもいいことない。
せかいをへいわにするあいことば
「いいからいいから」。

 

現代語訳 吾妻鏡 五味文彦・本郷和人/編



鎌倉時代のもっとも基本的な歴史書「吾妻鏡」
独特の漢文体で綴られたその難解な原文のすべてが、
誰でも読める現代語訳ではじめて甦る。

 

聖女の救済 東野圭吾/著



男が自宅で毒殺されたとき、妻には鉄壁のアリバイがあった。
草薙刑事は美貌の妻に魅かれ、毒物混入方法は不明のまま。
湯川が推理した真相は虚数解。
理論的にはありえなくても、現実的にはありえない。