精神障がい者福祉手帳

2015年11月10日

精神保健福祉手帳

 精神疾患のため長期にわたり日常生活や社会生活に制約のある方に交付する手帳で、様々なサービスを利用できます。手帳の有効期間は2年間で、有効期限の3ヶ月前から更新の手続きができます。

≪利用について≫
・岩手県の公共施設の利用料の免除(県立博物館、県営運動公園、県営野球、ふれあいランド岩手、県北青少年の家 など)
・所得税、住民税の障害者控除や軽自動車税、自動車取得税の免除など(ただし、これらの免除には一定の要件がありますので、税務係にご確認ください)
≪新規申請に必要なもの≫
・証明写真(縦4㎝×横3㎝)
・主治医の診断書(専用の用紙があります。健康福祉課またはかかりつけ医におたずねください)
※  精神障害で障害年金を受給している方は、年金証書を提示いただければ医師の診断書は必要ありません。
・印鑑
≪更新の手続きに必要なもの≫
・主治医の診断書(専用の用紙があります。健康福祉課またはかかりつけ医におたずねください)
※ 精神障害で障害年金を受給している方は、年金証書を提示いただければ医師の診断書は必要ありません。
≪お問い合わせ≫
健康福祉課 福祉係 内線152

お問い合わせ

福祉
健康福祉課 福祉係
電話:0195-66-2111 内線152