日本脳炎と麻しん・風しんの接種について

2015年11月10日

平成17年7月29日から、予防接種法に関する省令が改正され、大きく次の2点が変わりました。

日本脳炎

 日本脳炎ワクチンの接種によって急性散在性脳脊髄炎が起きる可能性が否定できないことから、安全なワクチンができるまでの間、日本脳炎ワクチン接種の積極的勧奨は控えるよう厚生労働省から通知がありました。

 葛巻町では、その通知を受け、日本脳炎ワクチン接種を中止しています。

 なお、日本脳炎が流行している地域(国外)へ渡航する場合や、蚊に刺されやすい環境にあるなどの理由で、本人又は保護者が接種を強く希望する場合は、接種後の副作用等に関する十分な説明を受け、理解した上で、同意書等に署名し、ワクチン接種を受けることは可能です。

 接種を希望する方は、健康福祉課へご相談ください。(接種費用は町で負担します)

※日本脳炎第3期予防接種(中学3年生対象)は平成17年7月29日から廃止となりました。中学3年生が日本脳炎予防接種を希望する場合は、任意接種となるため、接種費用は自己負担になります。

関連ページ:厚生労働省 日本脳炎ワクチン接種の積極的勧奨の差し控えについて(「概要」「Q&A」)

 

麻しん・風しん

 予防接種法の一部改正により、今までに麻しんワクチンを1回しか受けていない世代に、2回目の接種を麻しん風しん混合ワクチンを用いて5年間行うものです。