納税証明書が欲しい時

2015年11月9日

納税証明書が欲しい時

 納税証明書は、一般用と軽自動車継続検査用の2種類があります。
一般用納税証明書については、本人の場合は本人の印鑑が、代理人の場合は委任状と代理人の印鑑が必要となります。
 また、軽自動車継続検査用納税証明書については、検査証(または、標識が所有者が分かるもの)が必要となります。
 なお、発行の際、1通につき手数料が200円かかります。(ただし、継続検査用の場合は手数料はかかりません。)

納税証明書のとりかた
1.住民会計課総合窓口係で受付
2.申請書に必要事項を記入
3.証明書発行
必要なもの
納税証明:本人の場合は本人の印鑑、代理人の場合は代理人の印鑑と委任状。
継続検査用:本人並びに代理人ともに検査証が必要です。