国民年金保険料の免除について

2015年11月9日

国民年金保険料の免除について

経済的な理由等で、保険料が納められない場合は申請により保険料が免除されることがあります。
免除には、次の2種類があります。

法定免除
届け出れば保険料が免除されます。
・生活保護を受けている人
・障害基礎年金を受けている人
申請免除
申請して承認を受けると、保険料が免除されます。
・所得がないとき
・地方税法上の障害者、または寡婦で年間所得が一定以下のとき
・失業等保険料を納付することが困難なとき

免除された期間は
・最低25年の受給資格期間に合算されます。
・保険料を納めた場合の3分の1または2分の1の年金が受けられます。
・免除された保険料は10年前までさかのぼって追納できます。
(ただし、免除された当時の保険料に一定の率をかけた金額)

※保険料を納めないままにしておくと年金が受けられなくなります。納められないときには、早めに免除申請をしてください。

免除申請に必要なもの
・年金手帳
・印鑑
・所得証明書
届出先
住民会計課 総合窓口係 3番窓口