療養費の支給

2018年9月13日

次の場合には審査によって払い戻しを受けることができます。

・やむを得ない理由で保険証を持たず医療を受けた場合
・医師が必要と認めたコルセットなどの補装具をつくり、全額支払った場合
・はり、灸、マッサージなど医師が必要と認めた治療を受けた場合

申請に必要なもの
・保険証
・印鑑
 ・世帯主名義の預金通帳
 ・領収書
 ・診療報酬証明書(保険証を持たないで全額支払った場合に限る)
 ・医師の診断書(医師が認めた治療等を受けた場合に限る)
届出先
住民会計課国保係 ④番窓口