婚姻届

2015年11月9日

婚姻届

届出は正確に
 届出は、本籍地または住所地で行います。届書は正しく記入されているか、婚姻は法律の規定に合っているか審査した後、受理(正式な受付)され、受理の日が戸籍上の婚姻の日となります。
届書には成年者の証人2人の記入欄もありますので、あらかじめ用紙の交付を受け準備してください。
必要なもの
・届書
・本人確認書類(運転免許証等)
・印鑑
・本籍地が町外の方は戸籍抄本
・婚姻により町外から住所を移す方は、前住所地の転出証明書
届出先
役場1階 住民会計課 3番窓口
休日などの届出と事前チェック
 閉庁後、土曜、日曜日、休日などは宿直室で受け付けますが、審査ができませんので、いったん受け付けし、後日の審査で不備がなければ、受付日に受理したものとします。
戸籍に記載したい婚姻の日(不備がなければ届出の日)が休日に当たる場合は、あらかじめ平日に婚姻届の事前チェックを受けてください。