印鑑を登録するには

2015年11月7日

印鑑登録をするには

目的
大切な書面に押印された印鑑(印影)が、本人のものに間違いないか、それを裏付けるための公的な証明「印鑑証明書」の発行の元になるのが印鑑登録で、まず一つだけ大切な書面に押す印鑑を決め、住所地の役場へ届出をします。
これを元に、必要に応じて「印鑑登録証明書」の交付を受け、書面に添付すれば書面に押された印影と証明書の印影の一致をもって、その書面の真実性が保証されます。
印鑑登録ができる人
葛巻町に住所がある、または外国人登録をしている15歳以上の人(成年被後見人を除く)
登録の印鑑
1人について1個に限ります。
同じ形の印鑑で2人以上の人が登録することはできません。
○登録できる印鑑
・氏名、氏または名、氏名の一部を組み合わせたもの。
・輪郭があり、変形しないもの

○登録できない印鑑
・1辺が8㎜の正方形に入る小さなもの
・1辺が25㎜の正方形に入らない大きなもの
・ゴム印その他の変形しやすいもの
・輪郭や氏名の一部が欠けたもの
・他の同一世帯員のものと判別しにくいもの
登録の方法
本人が直接手続きするのが原則です。
登録する印鑑と官公署の発行した免許証・身分証明書などで、写真がはってあり、本人であることが確認できるものを持参してください。本人であることが確認できる証明書などがない場合は、すでに葛巻町で登録をしている人に保証人になってもらってください。
また、証明書も保証人もない場合は、住民会計課にお問い合わせください。
※代理人が登録する場合は、窓口で説明を受けてください。
登録先
役場1階 住民会計課 3番窓口