町章・町のシンボル

2015年10月22日

葛巻町町章 昭和53年12月15日告示第31号

町章

○町章の由来

 昭和5年、当時葛巻村では、電気の不正使用を防ぐ方法として、電球に村のマークを入れて違反者がすぐ分かるようにしようと、村章を一般公募しました。
応募作品の中から5点を選び、村会に諮問して採用になったのが、遠藤武雄氏(役場書記)の作品でした。葛巻に多い「葛の葉」を図案化したマークで、当時の勝正一村長はこれを村章として決定し、昭和5年11月4日に告示しました。同日、村社八幡宮において紋章制定奉告祭を行っています。
以来長い間、村章・町章として親しまれてきたマークで、町内の各種団体では、このマーク中央にオリジナルの図案を入れて愛用していました。
町では、昭和53年12月15日、現在の町章を正式に決定し告示しました。
昭和30年の葛巻町と田部村、江刈村の町村合併後は、3地区の融合と協力の意味が加わって、現在に至っています。




関連ワード